Now Loading…
よくあるご質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします。

初診相談の参考にしていただければ幸いです。

お子さまの治療について
Q1. 治療は早く始めた方がいいのでしょうか?

 症状(不正咬合の種類)によって適した治療の開始時期が異なります。まずは相談にいらっしゃるのをお勧めします。特に受け口(反対咬合)の場合は就学前(5~6歳)の受診をお勧めします。

Q2. 治療期間・通院間隔はどれくらいでしょうか?

 小学生(乳歯がまだ沢山ある時期)の場合は、永久歯が生え揃うまでの間に土台作り(骨格の成長のコントロールや悪習癖の改善など)を行い、その間の通院間隔は治療内容によって異なります(1~3か月毎)。

 中学生頃(永久歯が生え揃う時期)に永久歯の全体的な歯の配列(マルチブラケット治療)を行うか検討します。

 マルチブラケット治療を行う場合は1か月毎、その後の保定(メンテナンス)中は3か月毎に来院します。保定終了後は経過観察になり、高校卒業までに親知らずの問題を解決するようにしています。

 マルチブラケット治療が不要な場合も、高校卒業までは管理します(3~6か月毎)。

Q3. 部活動(スポーツ、楽器演奏)をしていますが、治療は可能でしょうか?

 取り外しのできる装置の場合はほとんど問題は生じません。取り外しのできない装置の場合は、装置の種類によって気を付けなければならないことがあります。スポーツによってはケガを防止するためのスポーツガードを装着します。

 楽器演奏については、上の前歯に装置をつけた場合に演奏しづらい楽器があります。その場合は治療可能な楽器を選んだり、治療時期をずらしたりして対応しています。

大人の治療について
Q1. 年齢制限はありますか?

 基本的にありません。

Q2. 歯を抜かないで治療できます?

 症状によります。決まった骨格の中で歯を配置させなければならないため、子どもに比べると抜歯の確率が高くなります。→治療について

Q3. 治療期間はどれくらいですか?

 もちろん症状によって左右されますが、マルチブラケット装置の装着期間は非抜歯ケースで約1~1年半、抜歯ケースで約2~3年が目安になります。歯の動くスピードが新陳代謝に影響を受けるため、10代に比べると期間がやや長めになります。速さを優先しすぎると歯根吸収などの合併症を生じやすいため、慎重に進めます。

 マルチブラケット装置撤去後、保定(後戻りを防止するための)装置を約2年使用します。

Q4. 部分的な治療はできますか?

 症状にもよりますが3次元的に歯を配列しなければならないため、症例はかなり制限されます。

Q5. 治療中に妊娠・出産は可能でしょうか?

 可能です。出産前後で一時的に治療間隔が開きますが、授乳中も問題なく治療を続けられます。

Q6. 結婚式の時だけ装置を外せますか?

 可能です。ただし外している間の保定装置代、その後の装置再装着代が別途発生します。

治療中の痛みやトラブルについて
Q1. 治療は痛みを伴いますか?

 装置の種類によりますが、自分で着け外しする装置は基本的にあまり痛みを伴いません。

 主に痛みを伴うのは歯に着けっぱなしの装置(固定式装置)で、歯を動かす目的のものに限られます。小学生の場合は1~2日、大人の場合は2~3日程度歯を触るとじんじんするような痛みがあります。このため痛みがある歯では食べ物を噛むことができません。

Q2. 食べてはいけないものがありますか?

 歯を動かす目的の固定式装置をつけた場合に、トラブルの原因になりやすいお餅、チューインガム、キャラメル、ソフトキャンディなどを避けて頂いています。

Q3. 装置のトラブルが起きた時はどうしたらいいですか?

 まずはご連絡をくだされば、早急に対応いたします。装置によってトラブルの内容や方法が異なります。治療を開始された患者様には患者さま専用サイトで詳しくご覧頂けます。

費用について
Q1. 支払方法は?

 現金、カードでお支払いいただけます。

 分割払いも可能です。治療を開始された患者様には患者さま専用サイトで詳しくご覧頂けます。

Q2. 保険でできる場合があると聞いたのですが

 矯正治療は基本的に自費診療になります。下記の疾患については保険が適用されます。

  ・唇顎口蓋裂

  ・顎変形症(顎の手術を伴う矯正治療の適応症)

  ・厚生労働省が定めた疾患に起因する不正咬合(日本矯正歯科学会サイト)

Q3. 高額医療費や医療費控除の対象になりますか?

 「高額療養費」は保険診療のみ対象になります。

 「医療費控除」については、「発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために歯列矯正が必要と認められる場合」に医療費控除の対象になります。しかし、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象にならないとされています。

(国税庁サイト)

通院について
Q1. 予約について

 診療時間内に処置を終われる範囲で予約をお受けしています。治療後に次回予約をします。

 予約時間を守って頂けないと、他の患者様に多大なご迷惑をおかけすることになります。お待たせしないように最大限の努力をしていますので、患者様のご協力もお願いします。

Q2. お子様の通院の付き添いについて

 治療計画や新しい装置、新しい訓練など保護者様への説明が必要な場合に付添いをお願いしています。

Q3. 治療時間について

 基本的に15~30分で行います。マルチブラケット装着と撤去は1~2時間ほど要します。

Q4. 途中で転居になったらどうなりますか?

 転居先の矯正歯科専門医を探して治療の引継ぎを行います。短期間(半年先など)で予め転居が明らかな場合は、転居先での治療開始をお勧めします。

その他
Q1. 金属アレルギーでも治療できるのでしょうか?

 皮膚科でアレルギーテストを受けて頂いて、治療が可能か確認の上治療を開始します。

Q2. ゴムアレルギーでも治療できるのでしょうか?

 可能です。診療スタッフはラテックスフリーの手袋をして診療にあたります。

Q3. 学校検診でいつも歯並びを指摘されるのですが治さないといけないのでしょうか?

 当院では必ずしも治療の義務はないと考えています。患者様本人もしくは保護者様が歯並びを気にされていて、あるいは不便な思いをしていて、治したいとご希望があって初めて治療の対象になります。